不動産について

不動産物件の契約をする際の住宅ローンのしくみ

不動産で物件を契約する際に、住宅ローンを借りたら長期に亘って返済するため長い付き合いになります。不動産では、どの住宅ローンを選ぶかによって今後の返済額が違ってくるため住宅ローンの仕組みやそれぞれの特徴を知っておく必要があります。 まずは金利の仕組みを理解しておく必要があります。金利は低ければ低いもの良いものであり、利息も少なくなるため、住宅ローンの総返済額も少なくなります。借入額が1000万円であり35年で返済する場合、金利が1%違うだけでも利息は約225万円も違うため、資金計画をしっかり行うとよいでしょう。 住宅ローンの主なタイプは3種類あり、完全固定金利型と変動金利型、そして固定期間選択型の3種類があります。完全固定金利型は借入期間中の金利がずっと固定されるものであり、借入期間中に金利が変動した場合であっても住宅ローンの返済額が当初からかわらないものになります。変動金利型は半年ごとに金利が見直されて、金利の動きをもとに五年ごとに返済額が変更になります。しかし上昇する場合は従来の金利額の1.25倍までといった上限があります。固定期間選択型は期間ごとに終了した時点で金利を設定して、その金利ごとで返済額が見直されます。そのほかにも様々なタイプがあり、物件契約を希望のお客様が選べます。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

不動産物件の契約をする際の住宅ローンのしくみ